お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




多くの世界遺産や、優れた文化、芸術が訪れる人々を魅了する。


モスクワの広大なクレムリンや赤の広場、誰もがその美しさを称えるサンクトペテルブルグの街など、ロシアの数々の世界遺産はじめ歴史的建造物と多くの優れた文化や芸術は、 昔も今も変らず旅人の心を捉えて放しません。ソビエト連邦崩壊後、ロシアは目をみはる急激な変貌を遂げてきました。首都のモスクワとロシア第二の都市・サンクトペテルブルグには 街を縦横に走る地下鉄が整備され、外国人観光客にとっても重要な足となっています。街中のどの公園も緑豊かに美しく管理され、繁華街は華やかさに溢れ、 かつての社会主義時代の様子を知る人々にとっては別世界の様相を呈しています。また、ウクライナやベラルーシはじめ旧ソ連の国々との周遊旅行も大きく興味をそそります。

サンクトペテルブルグページトップへ>

サンクトペテルブルグ
Sankt
Peterburg
ロシアで最も美しい街と言われる
文化と芸術の街・サンクトペテルブルグ。

訪れた人々が口をそろえてその美しさを称えるサンクトペテルブルグ。ネヴァ川から見るその風光明媚な景色は開放的でモスクワとは違った明るい雰囲気に溢れています。街中に皇帝や貴族たちのきらびやかな宮殿が建ち並び、かつての王朝の栄華をうかがい知ることができるでしょう。そんな中でも必見の場所は、サンクトペテルブルグに遷都したピョートル大帝の夏の宮殿「ペトロドヴァレェツ」と“琥珀の間”で世界的人気に火が付いた「エカテリーナ宮殿」。その豪奢な佇まいに圧倒されます。また、文化芸術の街・サンクトペテルブルグのシンボルとも言われる「エルミタージュ美術館」では数々の貴重な世界の美術作品を身近に見ることができます。


モスクワページトップへ>

モスクワ
Moscow
美と権力の首都モスクワ。
時代に翻弄された都市に輝く遺産。

時代に翻弄され続けた首都モスクワには何物にも揺るがない素晴らしい遺産が残りました。クレムリンは歴代皇帝が過ごした、ロシア正教の中心地。理想美を極めた大聖堂の数々と豪華な武器庫は、巨大国家ロシアの象徴といえるでしょう。カラフルな玉ねぎ頭の聖ワーシリー寺院は赤の広場にあります。近くには世界に誇るバレエの殿堂ボリジョイ劇場やコンサートホールもあり、ナイトライフも目白押しです。街歩きには、メトロが便利!東京並みに発展しているメトロに乗れば、主要な観光地はほぼ自力で行けてしまいます。200近くある地下鉄駅の中には、構内に豪華な装飾を施された駅もあり、まるで地下宮殿のよう!ステンドグラスや天井画目当てのメトロ旅もできちゃいます。


黄金の環ページトップへ>

黄金の環
Golden ring
「黄金の環」の世界遺産、
スズダリへ。

モスクワの北東に点在する古都の町。それが環を描くように位置することから「黄金の環」と呼ばれる地域があります。黄金のたまねぎのような屋根のロシア正教会や修道院など、どの町にも旅人を魅了する建築が盛りだくさんに存在しています。もっとも美しい古都であり聖都とも呼ばれるのがスズダリです。教会や修道院などの歴史的建造物が多くちりばめられた宝石箱のようなこの町は、世界遺産に指定されています。11世紀に建造されたスズダリの中心的存在のクレムリンには、清らかなカメンカ川に囲まれ、5つの円屋根のある聖母生誕教会や素朴で味わいのある木造の教会などの古い建築物があります。時を刻む組鐘の音色が静寂の中に響く時、中世にタイムスリップしたような気分になることでしょう。


ペトロザヴォーツクページトップへ>

ペトロザヴォーツク
Petrozavodsk
まるで島自体が屋外博物館!
世界遺産の教会群は必見!

キジ島はロシア北部のカレリア地方のオネガ湖に浮かぶ小島。この島にはロシア最古の木造建築が残されています。中でもプレオブラジェンスカヤ教会のすばらしさには感動することでしょう。複雑な木組みが施され1本の釘も使われていない高度な達人技と誰をもうならせる造形美はまるで1本の木から彫り上げた芸術作品のようです。現在、残念ながら老朽化が進み内部には入ることはできませんが修復作業が順調に進めば近い将来内部が公開されることになるでしょう。他にオネガ湖一帯から現存する木造建築の傑作が集められ教会群周辺が屋外博物館となっています。キジ島専属のガイドさん(英語)と一緒にのどかな景色を見ながらお楽しみください。


ウラジオストクページトップへ>

ウラジオストク
Vladivostok
日本海沿岸に位置するロシアの極東の町

日本からは航空路、定期便航路で結ばれたシベリアの玄関口です。
明治初期より日本人も居住し、シベリア鉄道の執着点であったこの町はヨーロッパに通ずる道でもあり、 多くの日本人がこの鉄道を使ってヨーロッパに向かいました。
丘陵地帯にあるため、坂道も多く、日本の神戸や長崎などに似ているので、どこか懐かしい感じにもなるでしょう。
モスクワから何千キロと離れていますが、ここはロシア、ピロシキなどのロシア料理が楽しめますが、 シベリアならではのブーズ(肉まん)やイクラなどもあります。


シベリア鉄道ページトップへ>

シベリア鉄道
Trans
Siberian
一度は乗ってみたい
ロマンあふれるシベリア鉄道

全線開通は1904年。長さ9,297km、世界最長の大陸横断鉄道です。
昔から人や荷物とともに様々な旅人のロマンをも運んできました。 起点ウラジオストクから終点モスクワまで乗車すると7日間の長旅に。
列車によっていろいろな区間に乗車出来るので、短い旅程でも楽しめます。 旅行者に人気な列車はフィールメンルイと呼ばれる優等列車で、「ロシア号」、「エニセイ号」などの愛称がつけられています。 食堂車もありますが、途中駅のプラットホームで販売もしているので、買い食いするのも楽しいものです。 列車の旅が好きな人には人生で一度はチェレンジして頂きたい鉄道です。


バイカル湖ページトップへ>

バイカル湖
Lake Baikal
「豊かな海」と呼ばれる
世界最古の湖

深海が陸封されて淡水化し、湖となってから約2500万年たつ最古の湖で、ロシアが誇る世界遺産です。淡水の湖として面積も世界一で、 琵琶湖の約50倍、最深部は約1680mもあります。この湖にのみ生息する生物も多く、 バイカルアザラシ、淡水カイメンなど1500種以上の固有種が住んでいるそうです。 バイカル湖の春は6月に入ってようやく訪れ、10月にはまた冬が訪れます。 短い夏には観光客も訪れ、港村のリストヴァンカも賑わいを見せます。


オリホン島ページトップへ>

オリホン島
Olkhon
Island
世界遺産バイカル湖に浮かぶ巨大な島

シベリアの中心の町イルクーツクから車で約4時間、オリホン島へのフェリー乗り場へ。フェリーと言っても車と人の渡し船。約10分で対岸のオリホン島へ到着です。オリホン島は長さ70キロメートル、山も湖もあり、大部分はステップで、砂丘も所々に。その島の一角にフージル村と呼ばれる集落があり、宿泊施設はここに集まります。宿泊施設はアットホームなコテージタイプの客室が数棟あるだけ。食事は共同の食堂で3食食べられます。徒歩でバイカル湖の絶景を見に行く事も出来ますが、ガイドを頼んで北部の絶景観光やバイカルアザラシ探し等も可能です。バイカル湖を極めるには是非オリホン島へ!


ハバロフスクページトップへ>

ハバロフスク
Khabarovsk
アムール川河畔の緑豊かな町
ハバロフスク

ロシア極東の中心地ハバロフスクは、アムール川沿いに広がる美しい町です。緑豊かな並木道や、ディナモ公園、ムラヴィヨフ・アムールスキー公園等、人々の憩いの場が沢山あります。町にはトラムやトロリーバスが走り、移動も楽々です。中央市場には新鮮な果物や野菜が並び、見てるだけでも飽きません。アムール川沿いをゆったり散歩するのもよし、優雅な教会を見に行くもよし、メインストリートでショッピングもよし、ハバロフスクも実はとても楽しめる町なのです。但し、冬はマイナス30度にもなるので、是非夏にお出掛けを!


イルクーツクページトップへ>

イルクーツク
Irkutsk
街路樹の美しい"シベリアのパリ"
イルクーツク

シベリアの街と言うと寒そう、暗そう、というイメージがあるかもしれませんが、夏は気温が30度にもなり、花と緑に溢れ活気のある街となります。イルクーツクは比較的開放的でカフェやレストランにもテラスがあり、外国人にも入りやすい雰囲気。2011年のイルクーツク350周年より街の美化が進み、街路樹に囲まれる街並みはまさにパリの様です。また、古き良き木造の建築物も大切にされ、いい雰囲気で街に溶け込んでいます。閉鎖的だった街から開放的な街に進んで変わっていくイルクーツクはこれからも楽しみな街です。